農業七色秘宝館 生産者ムービー 岡山野菜カタログ

紫苑 しえん

美しい色合いの甘くジューシーな冬葡萄。

紫苑(しえん)

ワイン色の透明感のある赤い実が美しい、10月下旬から12月初旬にかけて収穫される、めずらしい冬のぶどうです。

甘みは強く、果汁たっぷりなので、みずみずしい美味しさです。

粒の形が縦長で、モコモコと粒がせめぎあう特長的な房形をしていて、ややユーモラスにも見えます。

種がなく口に入れるとつるりと皮が剥け、食べやすさもまた今のお客様の嗜好に合っているようです。

中には1キロを超える迫力のある大房もあり、贈り物にも見栄え良く、お歳暮にも最適です。

紫苑

生産地 岡山県総社市秦

岡山県西部に位置する総社市にある秦地区は、高梁川流域の穏やかな気候のぶどう産地。

冬のぶどうといえば、岡山では「コールマン」という赤いぶどうが定番でしたが、やや味が淡いことから近年この「紫苑」に作り変えている生産者が増えています。

お客様の声

梨と紫苑 詰合せ

2011/11/11 東京都 O様

ネット検索で知りました。
色んな梨や葡萄を食べてきましたが、今回初めて紫苑と新興梨の詰め合わせを注文させていただき、
家族中で美味しいと言っていました。

私は果物が大好きなので、良くお取り寄せやデパートのギフトコーナーで果物を購入します。
葡萄は桃太郎が一番と4-5年前から思っていましたが、紫苑に出会い本当に美味しく感動しました!!
主人は果物の中で一番梨が好きで、この梨美味しい!
もっと食べたいと言っていましたので(珍しい)
今回も注文をさせていただきます。出会えて嬉しいです!!
楽しみにしています。

紫苑(しえん) 商品ラインナップ

ロザリオビアンコ

発送期間 10月下旬〜11月末頃