極早生シャインマスカット

シャインマスカット 商品LINEUP極早生シャインマスカット 商品LINE UP

 

消費者は自分の納得出来る物を求める

岡山県の葡萄と桃に対する執念と言うか引き出しの多さと言うかには驚かされる。
まだまだ人気に生産量が追いつかなくて品薄、さらに言えば最近開発された新品種なのでまだまだ栽培技術が(特に加温などで収穫時期をずらした場合)確立していない超優良品種の『シャインマスカット』。
今までの普通のぶどうとは違い『種無し』『皮ごと食べれる』『超大甘』『大粒で大房』などなど味も個性的なら当然作り方も一般的な葡萄とは異なる点が多い『シャインマスカット』。
(詳しくはこちらをご覧ください)
その『シャインマスカット』を父の日6月第三日曜日に間に合わせて出荷する生産者が、岡山県にはいる。
ちなみに『シャインマスカット』を路地で栽培した場合の一般的な収穫時期は10月中旬。その時期よりも4ヶ月も早く収穫する超極早生『シャインマスカット』を育てているのは岡山県北東部の兵庫県との県境、美作市の生産者 福嶋さん。
『岡山の葡萄や桃作りの引き出しはどうなってるんだ?』とちょっと聞きたい、普通では絶対にできない異常な力量を持った葡萄生産者さんです。

今井さん圃場

ここにしかない昔作りマスカット

岡山の果物について時々かわされる議論がある。
『味で言えばやはり加温よりも、その品種本来の時期に収穫される冷室(もしくは路地)が美味い。葡萄も桃も生き物なんだからさ、やっぱり自然な時期が一番でしょう』 『でも食べるときの季節感、気候、空気感を考えると夏真っ盛りに食べたほうがトータルとして美味い。キュンと冷やした葡萄や桃を暑〜い真夏に食べたいじゃないか。10月ってもう肌寒くない?』
両方一理ある。そのとおりだ。
でもその葡萄や桃を美味しく感じる真夏の更に前。朝晩まだ冷え込むときもある6月中旬に、秋の10月が旬の葡萄を食べる意味はなんだろうか。
『昨年食べたシャインマスカットの味が忘れられない。一刻も早くシャインマスカットが食べたいので超極早生のシャインマスカットを注文します。』
そんな方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり誰もまだ食べてない時期に、存在すら気づいてない時期に糖度20度を超える大甘葡萄をゆったり食べるこの贅沢感こそ、この『超極早生 シャインマスカット』を食べる意味なのではないでしょうか。
大切なお父様に、普通じゃ満足できない大切な友人・先生に、そして自分自身へのご褒美に。
岡山県は美作市からお届けします。 超極早生の『シャインマスカット』を。

超極早生シャインマスカットシャインマスカット 収穫期間6月中旬〜6月下旬頃

販売開始お知らせメールに登録

こちらの商品は収穫時期に近くなりましたら販売を開始いたします。
以下のフォームよりご登録いただくと、販売開始をメールでお知らせいたします。お気軽にご登録ください。

ご登録フォーム

連絡先E-Mail
メール受信は?


ご質問など
登録 (無料)

※時期がきましたらご登録のメールアドレスにご連絡いたします。

※携帯の方はパソコンメールの受信拒否にご注意ください。
ドメイン「@hyouryuu.co.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

超極早生シャインマスカット

超極早生シャインマスカット

岡山県美作市

福嶋広基

6月中旬〜6月下旬頃
友だち追加