岡山の桃 黄金桃、黄ららのきわみ

繊維質

「黄金桃」と「黄ららのきわみ」

どちらも甘さが強い黄桃種。

岡山県民は昔から、「桃」といえば白くて滑らかな桃と思っているので、黄桃種はやや珍しい。

それでも9月に収穫できる桃は少ないので、黄金桃は昔から人気はある。

果肉の質が白桃に比べると、繊維質。岡山県民は、滑らかでとろけるような白桃が好きなため、黄桃ですら、かなりやわらかく滑らか。果汁も多く甘いため、マンゴーのような南国フルーツを思わせる。

生産者 今井征幸さん、里美さん

生産者 吉富達也さんほか総社もも生産組合、釣井紀昌さん

黄金桃は、総社もも生産組合のみなさんと、稚媛の里の釣井紀昌さんが作っています。地域は、岡山県の西にある総社市と、東にある赤磐市とで離れていますが、どちらも桃の名産地。

黄ららのきわみは、総社もも生産組合のみで作っています。総社もも生産組合は、新品種である黄ららのきわみに、かなり期待をかけているようです。(写真は吉富達也さん)

今井桃里園を訪ねて

今井さん圃場

『突出したブランドの功罪』

岡山の桃と言えば、やはり全国ブランドになっているのは白桃種。特に清水白桃は全国に名前の轟く有名かつ美味しい品種であることは間違いない。
ただ待ってほしい、清水白桃だけがそんなに美味しいか?他の品種は岡山の桃と語るにはふさわしくないのか?答えはNOだと思う。
ちょっと話がそれますが、おそらく全国の有名特産品を持つ地域の抱える問題に『突出したブランドは喜ばしいことではあるけれど困る部分もある』と言うのがある思う。
例えば山口県は下関のフグ。下関のフグ=トラフグ。それ以外は認められない風潮がある。
サバフグだってショウサイフグだって美味しいんだろうけど、やはり下関のフグと言えばトラフグ以外は考えられない。
同様に山形のサクランボ。これは山形のサクランボ=佐藤錦にどうしてもなってしまう。
『田舎の岡山はダメだね。ほんとうに美味しい品種はもっと他にあるのに、いまだに佐藤錦、佐藤錦ってさ(笑)。産地の山形ではもっともっと先を行ってますよ。』と山形のサクランボ農家さんは言うかもしれない。そう、その通りなんだ。大将錦や紅秀峰は地元では有望品種なのかもしれない、けどあまり佐藤錦のような強力すぎるブランドがあると、他の有望品種が霞んでしまうこの痛し痒し。

おかやま夢白桃

南国フルーツのような甘さと香り

前置きが長くなってしまったけれど、岡山の桃と一口に言っても清水白桃ばかりではなく、様々な個性的で美味しい品種があります。例えば岡山では少数派の黄桃種『黄金桃』もその一つ。
『黄金桃』の特徴はまずその香り。岡山の白桃種とはちょっと違う、南国フルーツのようなちょっとトロピカルな香りは黄桃種ならでは。果肉の質も白桃のしっとりとろける果肉とは違ってぷりぷり感のある弾力のある果肉なのも特徴。
どちらかと言えば岡山の黄桃種の中では古くから作られている品種になる『黄金桃』。玉太りも強い甘さも『黄金桃』よりも強い『太陽のしずく』や『黄ららのきわみ』などの新品種が出てきているけれど、『黄金桃』の南国フルーツチックなやさしい甘さのファンがたくさんいらっしゃる実力派品種。
長く愛されるには愛される理由があります。
黄桃種好きを唸らせる、黄桃らしい味わいの『黄金桃』です。

父の遺志を継ぎ、桃作りに励む

赤磐市は旧山陽町で桃生産を継いでいるのが釣井さん。
旧山陽町と言えば岡山県でも有数の『清水白桃』の生産地なんだけれど、釣井さんが主に作っているのはマニアな品種の『黄金桃』と『本白桃』。一般的にはあまり知られていないけれど、根強いファンがついている品種を作るのが大好きな釣井さん。
『いやぁ・・、黄金桃美味しいじゃないですかぁ・・。あんましみんな作ってないし(笑)』と飄々としたものだけど、需要がある(強い消費者ニーズがある)品種を積極的に作るが今求められているマーケットイン的視点ではなく、『自分が美味しいと思うから』と言う釣井さんの視点も生産者自身を消費者と喩えるならば、一巡回ってマーケットイン的発想なのかもしれない。

今井さん圃場

『リアルにモグラが住みついている畑から』

釣井さんの黄金桃作りはいたって真面目。
日々桃の木の様子を見ながら水を切ったり堆肥を入れたり。土は桃畑にしては軟らかく、養分たっぷりと言った感じ。
柔らかい畑の土は『モグラが出てきそうな柔らかい土』と言う比喩的表現ではなく、リアルにモグラが住みついているけれども、いつもゴーイングマイウェイな釣井さんは『根を傷つけられたら困るんですけどね〜ははは(笑)。でもモグラかわいいんですよ(笑)』とどこ吹く風。
最新有望品種の追求とは違った、のんびりモードの釣井さん農法には昔からのファンに支えられている『黄金桃』がちょうどピッタリなのかもしれない。
太陽の陽がさんさんと降り注ぐ旧山陽町で、釣井さん親子が真剣に真面目にでも穏やかに作っている『黄金桃』。9月終盤でのお届けになります。
(『岡山果物カタログ』でお届けする黄金桃は総社市の秋山さんを中心とした『総社もも生産者組合』さんの生産した黄金桃をお届けすることもあります。こちらも秋山さんたちが根性入れて作っているのでとても美味しいです。)

お客様の声 黄金桃

厳選大玉 黄金桃 2キロ

2010/09/21 東京都 A様

この黄金桃の感想ですが、皮から漂う香気はとてもトロピカルでマンゴーなどを想像させる濃厚な香りでした。
皮を剥いて食べてみるとトロピカル感は消えて白桃の味でどっしり甘いというところでしょうか。
ひとつ気になったのが、この桃は後味に渋味が口に残るところです。こういう品種なのかもしれないですが、他の桃ではあまり感じない後味でした。 では22日に届く桃も 楽しみにして待ってます。

厳選大玉 黄金桃 2キロ

2008/09/26 愛知県 S様

黄金桃、おいしく頂きました。以前別で購入したことがあり、その身の固さと味気なさに閉口したことがありました。(一週間追熟しても甘くない)
ところが、送られてきた桃は、一見まだ固いのですが、食べてみるとしっかり熟してるし、甘い。二日目は皮もむきやすくなって、さらに甘い。以前食べたものとは全く別物。大変満足です、ありがとうございました。

厳選大玉 黄金桃 2キロ

2008/08/10 埼玉県 I様

こんばんは。
大変遅くなりましたけど、黄金桃無事到着しおいしく頂きました。
実は8月に機会ありぶどうを買った際に黄金桃というのがあり白桃みたいで買ったものの、実が柿のような感じで硬いのはまだいいとしても甘みもほとんどなく、こりゃーーと思っていたのですが岡山果物カタログのホームページでの記事を読んでいたら全然そんなことはないような内容だったので、ちょいと冒険に近いものもありました。
でも、これは予想をはるかに覆してくれる桃ですね。
到着したその日に箱を開けると桃のいい匂いが一気に広がりこれはもーいけるだろうと思い早速頂きました。
甘みもあるけど微妙な渋みもあるんですね。それと前に経験したあの実の硬さが無い!
実も十分柔らかくて果汁もしたたりこれが同じ黄金桃かと思ってしまいました。
皮は記載されているようにするするとはむけないんだなと思って
ましたが1日たったらするするとむけるようになり甘みも増して実も柔らかくなってました。(しまった1日手をつけるのが早かったか・・)桃はシーズンももー終わりなんですね。。
白桃も色々種類あるようでこれはこれで来年が又楽しみですね。あとは桃太郎ぶどうですね。。。
こちらも待ち遠しい限りです。ではまたよろしくお願いします。

 

黄金桃、黄ららのきわみ 商品LINEUP

黄金桃

山吹色が鮮やかで、まさに「黄金」のような黄色の外観。甘い香りが強く、果肉はやや繊維質でプリプリしています。甘さと香り、そして食べ応えのある大玉なことから、白桃が好きな地元岡山でも「黄金桃」は人気のある黄桃種となっています。

黄金桃 収穫期間9月上旬〜9月中旬

黄ららのきわみ 収穫期間9月上旬〜9月中旬